FC2ブログ

calendar

          07« 2018/08 »09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 谷繁のサヨナラはただのライトフライでしょ… 

両先発がくずれ、お互い中継ぎがそれなりに頑張り、最後の最後で総力差がでたってとこかな。
試合自体はエラーこそなかったものの草野球臭のするもの。

ピッチャーの枚数に劣る横浜が最後抑えの山口を2イニング引っ張らざるを得ない展開に。
その前に決着はついてしまったが、1アウト後四球で出た和田を井端が送る。
1点とればサヨナラなわけだから、たとえ井端がヒットを打ったとしても一二塁。
それならばと落合はスコアリングポジションにランナーを進めることを優先した。

そこで横浜ベンチは野本を敬遠。山口の速球への対応力と塁を埋めたほうが守りやすいという判断だったのだろう。この判断自体は間違いとはいえまい。ただ、野本勝負でサヨナラ打を打つ力は、その前の3打席(すべて三振)を見るに、まだ彼にはなかった気がする。

谷繁への配球は直球で押してくることは目に見えていたし、谷繁も十分それを理解して初球から振りに来た。
スイングをみると明らかに押されている。直球で押せば、ファールか、いいとこライトフライの雰囲気。

案の定、打った打球は直球におされ気味のライトフライ。前進守備の吉村は追いつけず、記録はヒットとなってサヨナラとなった。

しかしVTRを見ても吉村は確かに追いついていて、むしろ球は吉村の前で弾んでいる。グラブに当てていないからヒットはヒットなのだろうが…あれはまあ、エラーだろう。

今日の試合を見ていて私的に一番の収穫はデニー友利の解説。
荒木の身体は固いとか、アキフミの成長とか、先日の伊藤への森コーチの言葉など、よく知っている。解説者としては当然そうあってほしいのだが、残念ながらそのような我々が得られない情報を提供してくれる人はほとんどいない。
単なる感想だったり、事前の情報収集を怠っていると見受けられる解説ばかりだ。
デニーはドラゴンズに在籍していただけあって、こちらの知らない情報を提供してくれるうえに、意外に理論派で正直驚いた。現場にもどってもかなりいい指導者になると確信した。


FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
スポンサーサイト
藤井の守備 | HOME | 読む野球 CD監督落合博満 プロ選手の体づくり 芯を強くする練習を

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。