FC2ブログ

calendar

          09« 2018/10 »11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 読む野球 CD監督落合博満 プロ選手の体づくり 芯を強くする練習を 

2010/04/06 中日新聞朝刊

 体の大きい、小さいはあるが、プロ野球選手はプロ野球選手なりの体が必要だ。今の選手は、おれの現役時代を含めて昔の選手に比べると、体は大きくなっているけれど、体の強さが3歳分ぐらい遅れている。アマチュア時代にウエートトレーニングなどを取り入れているかもしれないが、野球で体をつくっていくという意味からすれば、昔ほどは鍛えられていない。体の芯の強さがないんだと思う。

 足が速い、筋骨隆々、パワーがある、いろいろな触れ込みで選手は入ってくる。しかし、同じ練習をさせても、1年プロにいた選手と比較すると、体力がないというのが現状。昔から言うように、ひと冬越えないと本当のプロ野球選手の練習にはついてこられない。みてくれの大きさはあるが、強さがない。体が強くなる練習を、アマチュアのときにしていないからだ。

 分かりやすい例を挙げたい。うちのチームには、新人の中田亮二という選手がいる。体重は115キロ。今、2軍の試合にも出ていない。何をさせているかというと、レギュラーを目指すためのへばらない体づくりに取り組んでいる。基礎体力がないから、まずは、そこから始めている。

 今年のキャンプは雨が多く、基礎体力の部分での練習をちゃんとしていない。要するに、キャンプでやらなくてはいけない走ること、打つこと、投げることといったすべての練習をしている。体重を減らすのではなく、体脂肪を減らさなくてはいけないんだ。プロの練習についていくことができ、ちゃんと動くことができれば、体重が115キロ、120キロあってもいい。最初から代打でいいと思って、プロに入ってきたわけじゃないだろう。シーズンを戦い抜くには、それなりの体力がないと長持ちしない。

 おれは現役時代、ウエートトレーニングはやらなかった。ランニングから始まって、野球で体をつくっていった。ウサギとカメじゃないけれど、地道にこつこつ。プロ入団時、体重は77キロだった。これじゃ打球が飛ばないと思い、一日5食で10キロ増やした。一試合を終えれば、2キロは確実に減った。減ったものを増やさなければいけないという食事は、半端なもんじゃない。丼飯何杯なんて、お米ばかり食べたくなくなる。米粒よりも、おかずをたくさん食べた。それもつらいものだ。

 体重が増えれば、体の弱い部分に負担がかかる。アキレスけん、腰、ひざを悪くし、ずっと悩まされ続けたが、周囲には漏らさなかった。そんなこと言っても、何の得にもならない。それを言い訳にできる世界じゃないからな。それで、現役を引退してからは、本塁打を打たなくてもいいから体重を入団時に戻した。必要に応じて増やしたものは、必要に応じて減らす。どうやって減らしたかというと、動かなければ食べなきゃいい。食べて増やしたんだから、食べずに減らした。

 太っている選手にやせろとは言わないし、やせている選手に太れとも言わない。大切なのは自分に合った体づくり。何のために、どうするのか、しっかり考えて取り組まなくてはいけない。




野球 そのほかの記事

野球 ブログ集へ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
スポンサーサイト
谷繁のサヨナラはただのライトフライでしょ… | HOME | 伊藤準規、セットポジションに欠点

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。