FC2ブログ

calendar

          10« 2018/11 »12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 伊藤準規のすごいところ 

伊藤が8回を1点に抑え初勝利。ドラゴンズの十代での先発勝利は今中以来だという。

投球をじっくりと見たのは初めてだった。日本人離れした大きな体で上から投げ下ろす。ストライクとボールがはっきりしていて、制球には難ありだが直球には角度と力があるようだ。

阪神戦でもっとも伊藤の凄さを実感したのが8回表、打者平野の場面だ。8回は先頭打者の桜井にまったくストライクが入らず四球で歩かせる。典型的な「くずれていく」パターンだ。阪神のミスもありその後2アウトまでこぎつけるも、新外国人マートンにうまいバッティングと盗塁を許し、スコアリングポジションにランナーを置くことに。

ストレートでカウントを整えようという考えとは裏腹に、カウントは1ストライク3ボール。平野を歩かされると鳥谷、金本と左バッターが続く。おそらく投手交代となる場面だったはずだ。

ここで谷繁はなんと2球続けてフォークボールを要求した。最後は空振りだったがボールになるフォークではなくボールからストライクになるフォーク。平野はストライクになると思い慌てて振りに行った感じだった。

1ストライク3ボールからフォーク2球、しかもボール球からストライクになるフォークを要求する谷繁の新人相手とは思えぬ配球もある意味凄いが、それに応える伊藤の技量も凄い。

それだけの技量があるなら1-3にはそもそもならないはずだが、ここぞという場面で力を出すタイプなのかもしれない。またフォークの精度はかなり高い。

投手のストライクが入らなくなると捕手はストレートを要求したくなるものだ。当然打者もストレート一本に絞っているケースが多い。そんなとき変化球でストライクがとれるピッチャーは第一線で活躍するようになっていくだろう。

あのときの谷繁の配球は四球でもいい、という考えのもとだったかもしれないが、その答えをきちんと出した伊藤に対してはちょっと期待してみたくなる投手だ。


野球 そのほかの記事

野球 ブログ集へ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ


スポンサーサイト
【落合博満 43歳 春爛漫】「超スロー」理由はハム投手研究 | HOME | 読む野球 CD監督落合博満 開幕スタメン 戦力底上げ選択に幅

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。