FC2ブログ

calendar

          10« 2018/11 »12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 本日の敗因は捕手 

タニシゲのケガが痛い。ここまでキャッチャーの重要性を感じた試合はめずらしい。
小田はもう少しクレバーだと思っていたのだが…。

ノーアウト満塁で打席はピッチャー石川。ここで相手の立場に立って考えたらどうだろう。
ピッチャーなのだからタイムリーなんぞ期待しているわけがない。「ゲッツーだけはさけてくれ」―これが首脳陣の考えることじゃないか?

何を思ったか小田は制球の定まらないP斉藤に変化球ばかりを要求する。下手すると打ち気だけみせておいて絶対に手を出すなぐらいの命令が出ているはずの状況でなぜに変化球を投げさせるのか。最後はストレートで三振をとるが、そんなもん最初から要求しとけば3球ですむだろうという話。2-3までいっているという時点で「もうちょっと野球わかってからマスクかぶろうね」というレベル。

次打者の福地にも変化球を3球続けて要求しノースリー。ストライクを置きにいった球を安打された。

ここでベンチも小田に見切りをつけた。「悪いのはPではないキャッチだよ」というメッセージをつたえるために、なんともめずらしいキャッチャーのみの交代となった。

明日から一軍のベンチに小田はいないだろう。

今日のような大味な試合で、負けはしたが7点取っている打線に文句をつけるのは筋違い。Pだって良くはなかったが1イニングで6点もとられるのは捕手かベンチの責任だ。

長いペナントだから浅尾続投だったが、そこを小田は理解しているだろうか。1敗は1敗でそれ以上でも以下でもないが、今日は捕手小田の野球を知らないのが露呈したのと、まったく打てなさそうな清水の打席を見て(だから1死1塁でバントさせた)、タニシゲ以下の捕手のポテンシャルの低さにシミジミとしてしまった試合でした。





FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ


スポンサーサイト
中日は練習がたりないんじゃないか? | HOME | 朝倉はフラフラでも4連勝

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。