FC2ブログ

calendar

          07« 2018/08 »09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 イ・ビョンギュという男 

ノリが意地で決勝タイムリーを放ち、その裏スイッチの入った岩瀬が三人をきっちり抑え、中日らしく接戦を制した。
同点で岩瀬を出したかどうかはわからないが、岩瀬は勝った状態にしてから投入しないとスイッチが入らないらしい。

ノリのタイムリーもそれまで二度のチャンスをつぶしていたため意地があった。最初はみえみえのシュートを打たされゲッツー。二度目は落ちるボール球に手を出し三振。いずれも打ち損じというよりもバッテリーのハメ技に文字通りはめられた形。
キャッチャーの実松という選手はあまり知らないのだが、クルーンと組んでいてわりとわかりやすい配球をした(ある意味セオリーどおり)。
二死一塁となって和田を迎えたところで全球フォーク。結果打たれて三塁までランナーが進むと今度はワイルドピッチを警戒してストレートを続けた。ノリは高めを狙っていたはずだが、三塁にランナーがいることでフォークが甘くなることを予測し、直球はカットで逃げ、フォークが来るのを待っていたのではないだろうか。そして最後にきたフォークをセンターに打ち返した。

乱打戦まではいかないまでも、両軍チャンスをつぶしたわけではない。守る側がうまくおさえていたし、堅さもあまり感じなかった。なぜか。それはイビョンギュが先頭打者ホームランを打ったからだ。

彼は阪神との三戦目、岩田からデッドボールを受け退場した。見た目には直撃で折れているのではないかと思った。

なんと丈夫な男だろう…。レギュラーをはるというのはこういうことだと改めて認識させられた。そこにいきなり先頭打者ホームランだ。これで一気に試合が動かされた。
こういう大一番で働くというのは、何も考えないタイプに一番がいたほうが結果としてよかったのかもしれない。

本来の動きと比較するといまひとつ精彩を欠いていた井端も守備でいいところをみせたし、当たっていなかったノリもこれで乗っていけそうだ。(タニシゲの打撃のみは相変わらず酷いが…)すべていい状態になってきた。
それもこれもイビョンギュ。私は今の中日は彼に引っ張られて足が動いている気がするのだ。

明日は川上で一気にたたみかけるか!? 予想では朝倉が有力だがエースの気力で一気に行きたいところだ。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ


スポンサーサイト
朝倉という男 | HOME | 四番の品格 タイロンウッズ 藤川から一発!

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。