FC2ブログ

calendar

          10« 2018/11 »12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 落合引退発表時の天声人語 

1998年、落合引退発表時に朝日新聞の天声人語で取り上げられた“落合評”。10年前の記事を現在の視点で振り返るのは、後出しジャンケンのようで悪い気がするが、当時この文面を読んだときも実は違和感があった。
天下の朝日の看板コーナーの文章としていかがなものか。落合を変わり者でまとめてしまうあたり、筆者の「オレは認めんよ」的オーラがプンプンしている。



天声人語

プロ野球の落合博満選手が引退した。現役青年長の四十四歳。ロッテ、中日、巨人、日本ハムの四球団を歩き、三冠王が三回。日本人で初めて、年俸「一億円」と「三億円」の選手になった。
引退を決意した理由は?「そんな難しい質問はしないでください」。決意はいつ?「別にこの場でいうことじゃない」。記者会見にはこんな場面もあったらしい。愛想もなにもないけれど、それが落合流でもある。「勝ちゃいい。それだけです」が、この人の野球哲学だった。
大学の野球部を退部したのは「球拾いがバカらしくなった」からだし、ついでに大学もやめてしまった。開幕前の調整も自分流を通した。現役のうちに、自分で「落合記念館」(和歌山県太地町)なるものをつくった。プロ野球労組選手会は脱退。2000本安打で資格ができた「名球会」入りも拒んだ。
チームプレーに向くとは、到底いえない。言動は「和」ということばから遠く離れていた。ただし、それもこれもグラウンドで素晴らしい成績をあげたから、許された。たぐいまれな才能と、そして努力の人だった。健康には細心の注意を払い、十時間以上の睡眠を厳守した。生涯打率3割1分1厘。打撃の面で残した数字は輝かしい。
若いころ打撃フォームをめぐって、かつて強打者だった監督とぶつかった。監督の教える打ち方は自分には向かない、と断固はねつけた。独特のフォームは自ら編み出したものだ。一事が万事、この調子。記録にせよ報酬にせよ、数字と自分がすべて。ここまで徹底すれば、いっそすがすがしい。
記者会見で彼は「自分のような選手が1人でも出てくると、プロ野球はもっと面白くなる」と語った。むろん落合ほどの「天才的異端者」は簡単には現れないだろう。が、いまの世の中、落合ふうの「個性派」が少しずつ出てきそうな予感もする。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ


落合ふうの「個性派」はむしろいまの世の中、出にくいのではないか。人と違ったことをやるが、能力に裏づけされているからOK。これからこの手の若者がいっぱい出てくるんじゃないの? という薄っぺらな思考。
個人的には常識とされていることに平然とダメ出しをできるぶれない視線を言及してほしかった。しかも野球部退部を「球拾いがばからしくなった」からって…(笑)。事実の裏に張り付く真意を見るのが記者の仕事ちゃうんか。



スポンサーサイト

 落合のストレス解消法とは 

1987年、中日に移籍したばかりの落合の週べに対するコメント。
いろいろなところで見かけるが現役時代、落合はとにかくよく寝たようだ。

「どこでもいつでも、少しでも暇があったら眠る。眠っていると第一、わずらわしいことは何もないし疲れは取れる。一挙両得ってこのこと。暇を見つけては女房に電話してるじゃないかって? そりゃ夫婦だもん、トーゼンだよ」

 工藤・槙原が落合を語る 

1987年、落合が中日に移籍が決まってそのシーズン開幕前、昭和38年生まれの二人が落合について語っていた。そのくだりを紹介しよう。


尾張の怪童ライバルは両リーグを代表するヤングエースへ


槙原 そういえばロッテから中日に落合さんが移って、今年から二人の三冠王と対戦しなきゃいけないんだぜ。ボクなんか落合さんと対戦したことないんだけど、やっぱり気迫を感じるもんかね。

工藤 ボクは去年は五割も打たれたからね…。配球を考えて仕留めてやろうと、勝負にいくとガツンとやられる。ブラックホールみたいのがあって、そこへ投げた球が吸い込まれるって感じ。落合さんにはこう言われた。「オレ、左投手は嫌いだけど、オマエは好きだ」ってね。「真ん中へ投げろよ。オレ真ん中なら打てないから…」なんて平気な顔していうんだぜ。それが通用してたら苦労しないよ。バースとは一昨年のシリーズと、去年のオールスターで対戦してシリーズではホームランされて球宴では三振。あの人には、ある程度のコースに投げていけば、そんなに打たれないと思ってきたけどね。

槙原 それは違うな。左対左だからバースが怖くないんだよ。バースには甘いコースに投げたら柵越えさ。そしてその甘いコースに球がいってしまう。でもボク、ホームランは毎年1本くらいしか打たれていないな。ヒットはたくさん打たれたけど(笑)。だから落合さんのほうが抑えやすいと思うよ。まあ、あの人の打撃をオープン戦でじっくり見ようと思ったけど、あの人、春先は本気で振らないんだ。今年はいやってほど見ることになると思うけど(笑)。

工藤 でもエンジンがかかり出すと怖いぜ。あの人、右方向へのホームランが多いけど、ボクのときは左へ引っ張って放り込むんだ。好きになろうと努力はしたけど、リーグがかわっちゃあな。

槙原 ま、大物を抑えて投手は大きくなるんだから、こっちとしてはますますハリがでてきたよ。

工藤 ま、せいぜい痛い目に遭わないようにな。テレビのスポーツニュースはちゃんと見ててあげるから(笑)。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

注:結果、槙原はかなり落合を抑えこむ。あの落合が「打てる気がしない」のでセフティバントをしたほどだ。
紆余曲折し、落合はジャイアンツに。そして槙原の完全試合に立ち会い、最後のアウトを落合のミットが掴むという運命をたどる。


人気ブログランキングへ




 「こだわりの哲学」を持った男③ 

インタビュー・エッセイ 山際淳司


TS350003.jpg



■自然流打法

―そのわりにはずいぶんゆっくりと調整していた。キャンプのころは、こんなスローペースで大丈夫なのかと心配になるくらいスローペースだった。

「そう決めてたんだ。あわててバットを握らないぞってね。キャンプの中盤まではバッティング練習をしなかった。フリーバッティングを始め多野はキャンプ終盤だった。ほかの選手よりもツークールからスリークール遅かった。それでも自分の考えていたペースよりも少し早かった。自分はこれで大丈夫だと思っていたんだ。それでも周りが心配し始めるでしょう。ほんとに大丈夫なのかと。そりゃそうだよ。いつまでたってもバットを握らないんだから。それで予定より少し早めてバッティング練習に入った」

―それでも開幕には十分間に合うと信じていた。

「バッティングに関して言えば、とにかく身体が覚えている。毎年ゼロから始めるわけじゃないんだ。感覚を呼び戻せばいいと思っていた。それにね、一件チャランポランに見えるかもしれないけど、オレほど頭を使って野球をしているやつはいないと思う」

―頭を使う。

「そう。身体を使わずに頭を使う(笑)。若い選手を見ているとね、もったいないなと思うときありますよ。みんな自分の練習を終えるとさっさとベンチ裏のロッカールームに引っ込んじゃう。相手チームの練習を見ないし、研究しない。甘いですよみんな。プロ野球選手というのは、一億数千万人の人口があるこの日本でたったの720人しかいない。そのなかで毎年100人近くが入れ替わる。新人が入ればその分だけやめていく選手がいるわけだね。そして中途半端な成績しか残せずにやめたやつはみんな言うんだ。あと一年やりたかったとね。そう思ったときは遅いんだ。できる間にめいっぱいやらなくちゃいけない。オレはやってきたと思うよ。身体を酷使するようなやり方じゃなかった。そのかわり、人一倍、頭は使ってきた。例えば外野でランニングしてるでしょう。相手チームのバッティング練習が続いている。そういうとき、これはというバッターがボックスに入ると走るのをやめてでもその練習を見た。あの選手のあのバッティングはオレにもできるんじゃないか。試合中でもそうだよ。ピッチングを見ながらオレがピッチャーだったらここでこう攻めるなと考えている。バッターボックスに入ったときは、オレが打とうとしているんだからピッチャーはこう考えてくるかもしれない…。いつも頭を使っている。これはホントのことだ」

―実績があるからそういえるんだろうね。

「そう。実際、数字を残していなかったらこんなこといえないよ。今シーズンだって、ここまでのところ比較的調子がいいからこういうことをいえるわけでね(笑)」



落合は、あらかじめ自分でイメージしていたレベルを、ここ数年のうちに超えてしまったのだろう。

どこまでやれるかわからずに、プロの世界に入ってきた。今シーズンまでの六年のうち、最初の二年はレギュラーではない。ケガをしてファームにいた期間もある。第一線に出てきて実質四年。わずかにその四年間のうちに三度の首位打者と三冠王を手にしてしまった。

そこまでくれば、設計図をもう一度書きかえることができる。

「昨シーズンは失敗だった。右にあれだけうまく打てるんだから、同じように左にも打とうとした。そうすれば打率もさらに上昇すると思った。そんな単純なことじゃなかったね。ペケだよ。失敗した。しかし、失敗してわかったこともある。あまりにきれいにヒットを打とうとしすぎた。インサイドは左へ、アウトサイドは右へきれいに打とうとした。バッティングの理想を求めすぎたのかもしれない。そういうときっていうのはちょっとしたことでバッティングが狂い始めるんだ」

昨年は珍しく一つのタイトルもとれなかった。

「自分のバッティングはそういうものじゃない。ポテンヒットであろうが、間チャンヒットであろうが、どっちの方向に飛んだホームランであろうが、一本は一本なんだ。どこでもいいんだ。完璧を求めようと思ってはいけない。

その上で右にこだわっていく。右にホームランを打つのは難しいことだと思う。左にだったら少々おかしい打ち方でもスタンドに入ってしまう。しかし、右に入れようと思えばきちっとした打ち方でないと入らない。右バッターがライトに打つのは難しいと思う。だからそれを基本にしようと思うんだ」


難しい。だからそこにこだわっていく。落合らしい言い方ではないだろうか。

結局、理想のバッティングは現役を退いてみないとわからないのではないか、とも彼は言っていた。例えば、そこにあるビールの瓶をどう持つかと、彼は聞いた。自然に、いつものように、ぼくは手を伸ばした。

「それと同じように、バッターボックスに立ったときも自然にバットが出ればいいんだ。何も考えずに、自然にね。それができれば右にでも左にでも平気で打てる。球だけを見て自然にバットが出ればいい」

ところが―

「それができない。バッターボックスに入れば、ピッチャーの顔も見えるし、手の動きも足の動きも見える。ベンチの動きも見える。バットが自然に出ていくことなんてありえない。だからね、現役を退いてもう一つの目で野球を見られるようになったとき、ホントに野球がうまくなるんじゃないかと思うんだ」

自分のバッティング、そしていくつもの記録にこだわり、その反面諦観している。揺れ動いている。揺れ動きながら、もうひとまわり大きくなろうとしている。

1985年、初夏。二度目の三冠王を目指す落合博満は、そういう地点に立っていた。

<了>


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

注:この記事の中で言われている「ダメだった年」1984年だが、打率.314、本塁打33、打点94。決して悪い数字ではない。
ちなみに実質フルシーズン出た中でこの年の三振数33というのは落合の成績の中でもっとも少ない。かといって早打ちになったのかというとそうでもない(四死球数が98でリーグトップ)。
本人の感覚というのは数字には表れないものなのか?


人気ブログランキングへ




 「こだわりの哲学」を持った男② 

インタビュー・エッセイ 山際淳司


■野望


「秋山にこれほど早くおいついてしまうとは思っていなかった。もう少し時間がかかると思っていたんだ。向こうのペースが一度落ちてくれたからね。プレッシャーがかかるところなんだろうね。あれだけ打つと相手ピッチャーも厳しい攻め方をしてくる。いつまでも打たれるばかりじゃやってられないからね。インサイドにも厳しい球が来るし、そこをどう乗り切るかが秋山にとっては課題だと思うよ。それにトップに立つと精神的にもきつくなる。追うほうがラクなんだ」

―追いつくのが早すぎたんじゃないかな。今度は自分のほうにプレッシャーがかかってしまう。

「それは何度も経験していることだからね。それに考え方が変わってきた。ライバルと言う形で人を相手にしなくなったんだ」

―どういうこと?

「例えば誰かが3割5分を打つとする。すると自分は3割5分1厘を打たなければと思っていた。ライバルに勝つということはそういうことだね。4割を打つバッターがほかにいたら、オレは4割1厘を打つ。そう考えていたんだ。相手よりも少しでも上回れば勝てる。今年はどうもちがうんだ。結局は自分とのたたかいになる。誰かに勝つというんじゃなく、自分が設定した数字に勝とうとしている。つまり、自分と、そして数字とたたかっている」

―打率は?

「4割。不可能じゃない。げんにアメリカでは過去に4割バッターが出現しているんだからね。それにおれはシーズンの後半に強い。4割以上のペースで打つことは可能だと思う。今が3割6分台でも、これを4割にのせることができる」

―打点は?

「130をこえるだろうね。これはヒットが出たり、ホームランが出たりしているうちにおのずと増えていくわけだから、もっと増えるかもしれない。150とかね。あらためて目標を置かなくても数字はどんどんと伸びていくよ」

―ホームランは?

「45本をこえる。そういうレベルの争いになるんじゃないかと思う」


落合の頭の中にある数字とは、そういうレベルのものだという。

仮に、それに近い成績を残せば文句なしに三冠王ということになるだろう。二度目の、三冠王である。

「それくらいやらないと、借金を返せないよ」

笑いながら彼は言った。昨シーズンのオフ、落合は結婚して新居を構えた。1億5千万円の豪邸だという。それをすべて借金でまかなった。
これからは18年にわたって毎月150万円也を返済していくのだという。それも大変なことだ。

タイトルを一つでも多く獲れば、それだけ年俸も上がる。その他の収入も増える。18年もかからずに、もっと短い期間で返済できることになるだろう。そのために、頑張るのだという面はたしかにある。

が、それだけではない。

カネはたしかに格好の目標になるのだが、それだけでは馬力にならない。それとは別のモメントが必要になる。

繰り返し書くが、落合は三冠王になった。三度、首位打者になった。パリーグのみならず日本のプロ野球を代表するバッターにもなった。このペースで行けばそれなりの評価を受ける。

しかし、それだけではまだ満足できないのだ。

例えば三冠王にしてみても、一度もとったことのない人間にとっては大きな目標だが、一度手にしてしまうと、どれほど偉大なものであっても色あせてしまう。首位打者のタイトルにしても同様だ。感激は徐々にうすれていく。一度、頂点に立った人間は、さらにその上の頂点を目指さなければならなくなってくる。どこまでいっても満足ということがない。きりがなくなってくるのだ。

そういうところに、落合はさしかかっている。

落合夫人の信子さんがおもしろいことを言った。

「野球のことはあまり詳しく知らなかったですね。最初に三冠王をとった年の正月だったと思うんですけど、彼が三冠王をとると言い出したんです。それがどれだけ大変なことか、私は知らなかった。だから、実際に三冠を達成してしまったときも私にはあまり感激がなかったんです。ホームラン部門で二位の方と一本差しかなかったということもあるんですけれど、もっと完璧な三冠王をとらなくっちゃと、私はいったんですね。オレのことを褒めないのはお前だけだと、彼は言っていました(笑)。たしかにそのとおり。でもそこで満足しちゃつまらないでしょう。もっと大きな目標があるんじゃない? まだ誰もやったことのない記録を作ってみたら?―野球を知らないぶんだけ気軽に言えますから、私はいつもそういう言い方をするんですよ。まわりがみんなちやほやするから、せめて私ぐらいキツイことをいわなくっちゃ。でないと風船みたいに舞い上がっちゃうでしょ。一生懸命に足を引っ張って、地につけようとしているんですよ」

地に足をつけさせながら、さらに大きな目標設定をする。そういう形で落合家は団結しているらしいのだ。

バッターとして、日本のプロ野球史上、誰もやったことがないもの。レコードブックを見ていけば、おのずと目標は見えてくる。落合は、先にも書いたとおりプロ生活のスタートが遅いから、例えば通算安打数の記録などは目標にならない。

結論を言えば、シーズンを通して4割以上の打率を保つこと。4割を打った首位打者の初登場である。もう一つある。トリプル・トリプル・クラウンである。

過去、二度三冠王になった選手は日本では王貞治ただ一人である。アメリカのメジャーリーグでもロジャース・ホーンスピー(カージナルス、1922年、1925年)とテッド・ウィリアムス(レッドソックス、1942年、1947年)の二人だけだ。三度三冠王になる、つまりトリプル・トリプル・クラウンは今のところ一人もいない。

「それを狙っている」

落合は、そういうのだ。でも無理だと思うけどね―などといったりはしない。できる、その可能性は十分にある、というのだ。

そこまでやらないと、何かを残したことにはならないのではないか―落合はあのバッターボックスで、じつは消しようのない野望をめらめらと燃やしている。

<続く>






にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

注:この記事は1985年のシーズン途中に書かれたものだ。つまり二度目の三冠王に向かって邁進中に書かれたもの。このときから落合は三度の三冠王を狙っていたことを証明する貴重な記事だ。

そしてその野望はご存知のとおり、翌年達成されることになる。


人気ブログランキングへ

| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。