FC2ブログ

calendar

          10« 2018/11 »12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ジャイアンツ優勝と落合の腹積もり 

巨人が'09年のペナントを制した。

8月25日の中日・巨人の三連戦でローテーションをいじって勝負に出た。
初戦チェンで落とし、急激に追い上げのムードが鎮火してしまい、続く川井・吉見で3連敗。
勝負に出ての敗戦ですべてが終わってしまった感じだった。

かといって今年一年の戦犯を初戦で打ち込まれた浅尾一人に覆いかぶせるわけにもいかず。
落合はこの日を境にCSへと目線を切り替えた。

藤井の骨折離脱にともなう2人の外野手の人選とCSでの先発投手。これらを試行錯誤しながら続けるだけの試合。今日胴上げを阻止する、なんてことは別にどうでもよかったと思う。
むしろ目の前で(おまけに東京ドームで)ペナント優勝を目に焼き付け、CSでの戦いに挑むだけ、という感じのほうが近いだろう。

外野二名、打順でいうと6,7番はとりあえずおいておいて、落合が理想としている1、2番はやはり荒木―井端の並びだ。

なぜなら荒木の盗塁を生かすには1番という打順が最適だし、井端の粘るピッチングはやはり2番向きだ。今日、優勝決定の試合で久しぶりに1番井端・2番荒木にしたのはそろそろそういう野球をする準備を始めたのではないかと思う。

打順を2番にすると打率が2分は下がるという。かつて巨人の2番打者だった篠塚はそのように言っていたが、井端の首位打者が見えている時点ではある程度自由がきく1番で、というのがあったのだろう。荒木はバントが正直あまりうまくなく、状況に応じたバッティングというのも不得意。器用ではなく天才(自由)型のバッターで基本早打ち(森野も然り)。
井端の首位打者もほぼなくなったと落合は見て、器用で野球を良く知っている井端を2番に「戻した」。

また、もうひとつ、谷繁の状態があまりよくない時はノーアウトランナー1塁でバントのうまい谷繁に送らせて、(ピッチャーはアウトを計算し)二死二塁で勝負強い井端というパタンを今季つくっていた。だが谷繁の状態があがってくると、谷繁に打たせて駄目なら次回1番からの攻撃という本来の形(また短期決戦の場合は投手をどんどん代えるので投手で代打もあり)に戻すことができる。

今、全体的に調子が低迷しているドラゴンズ打線。
この調子をCS時に最高潮にいかにもってくるか…落合の手腕はそこに問われている。


FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ


スポンサーサイト

 今年、巨人のセ覇はないだろう 

松井以来の10代開幕スタメンとのこと、売り出し中の坂本が昨日猛打賞。
新人だから梅雨の時期になったらへばるだろうと開幕当初から思っていたが、梅雨直前で打率.243。ペナントを乗り切る“いろは”を知るベテランのビョンの.239を上回っている(笑)。話題性だけでこの新人を使っているなら原もいろんな意味でかわいそうだが、この新人起用については巨人ファン、アンチともにわりと肯定的なのがおもしろい。

たまに固め打ちしたり一発を放つこともあるが、この選手を使っているうちは巨人の戦力は確実にダウンする。守備もそつなくこなしているように見えるが、体が細くことさらそう見えるせいもあるが、取ってから投げるまでが、常時ランニングスロー状態なのは下半身に踏ん張りがないから。内角低目をすくいあげるのは得意のようだが、1.2番を目指しているのか、クリンアップを目指しているのかよくわからない。タイプ的にはどっちだろう。ファンは生え抜きの4番を夢見ているのだろうか? だとしたらやめたほうがいい。4番はよそからつれてくるものと分かりきっているのだから。

そんな折、巨人の二軍調整中の豪華な顔ぶれをブラウン管越しに見る。いるわいるわ億プレーヤーの面々。由伸、上原、スン…みんな丸々と太っている。とくに上原。断言しよう、走りこんでいない。もはやメジャー挑戦前休暇モード。思えば、ヤングジャイアンツ(笑)が台頭してきて(といっても正確には台頭ですらないが)、少なくともメディアでは好感触に取り上げられている中で、彼らがいい気分なはずもなく…。
チームが完全に若手とベテランで二分化してしまっている。チームが分かれている印象。がんばっているのはベテランだとラミレスだけ。おっと、今年はヤツも新人か。もはや、坂本を使う使わないのレベルではなくなってきている。岩舘?どちら様? 寺内?WHO?

セリーグを制覇したいなら坂本は使わないほうがいいだろう。二軍で体力つけてから使ったほうが将来的にも良いだろう。だが、生え抜きを使ってほしいファンの願い、否、嫌悪感と、戦力を補強する球団の方針との間で原は、坂本を使うということを中間管理職的に妥協点とした。
しかし、原はまた選択を迫られるだろう。二岡が戻ってきたときだ。ちなみに今の二軍で二岡だけは顔が引き締まっていたように感じた。彼だけはちょっと他の面子とは取り組み方が違うように思う。
二岡が戻ってくると坂本はベンチに下がるだろう。これでキムタクを引っ込めたら原もたいしたもんだ。キムタクを引っ込めたら坂本は二塁だろうが、彼の成績は数字的には目も当てられないことになっているはずだ。
方向性、選手に求めるもの、チーム将来像、それぞれがあいまいなうちは組織は求心力を失う。

坂本の起用に巨人のチーム計画力のなさを見る。

untitled.jpg
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。