FC2ブログ

calendar

          07« 2018/08 »09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 球界を代表する名投手コーチ 

小谷正勝(巨人)と森繁和(中日)。

この二人は球界、つまりプロの間でもっとも“名投手コーチ”と評されている人物である。
小谷氏は有名どころでは越智や山口を育てた巨人の育成投手コーチ。
森氏はいわずと知れた中日のヘッドコーチ。中日では投手のローテから試合の中での継投を
一任されている。常々落合の口からは
「オレは投手のことはわからない」
「投手のことはすべてコーチに任せている」
「知らない。○○のつもりだったんじゃないかな」←継投に関しての記者の質問に対し。

事実、ドラゴンズの野手はドラフトではそこそこ鳴り物入りだったり
競合を勝ち抜いて入ってきたりしてはいるものの
イマイチ「ブレークしている」選手はいないが、
投手に関してはおしなべてキチンと「育っている」。

此度、某投手が中日の某捕手とトレードが成立したとのこと。
「今年はトレード凍結!」
そういっていたがこの時期(ギリギリ)、このレベル(お互い現球団では出番は希薄)同士での
トレードは我々には理解に難い何らかのメリットを見出したからだろう。

主導は森コーチであることはほぼ間違いない。
球界一の名投手コーチにはこの選手にどのような可能性が見えたのだろう。
そしてそれは同時に今の中日に欠けているものを図らずも示しているのだろう…。



FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

スポンサーサイト

 落合少年 その昔、落合は繋ぎ役だった!? 

落合の幼少時代の1コマ。uvs050720-001.jpg


今の姿からは想像もつかない…
バットのヘッドが下がっているとかの突っ込みはナシで。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。