FC2ブログ

calendar

          07« 2018/08 »09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

triple  crown

Author:triple crown
WELCOME TO "HIROMITSU OCHIAI TRIPLE CROWN"!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 巨人に負けた原因はデントナ 

CSを私なりに総括してみたいと思う。
まず中日が日本シリーズに進出する落合の青写真を想像してみる。

CS第1ステージ
●チェンで1勝
●吉見で2勝
●休み
●休み
CS第2ステージ
●小笠原5イニング+山井2イニング
●中田 以上2日どちらかで1勝
●チェン(中5日)で2勝
●吉見(中5日)で3勝王手
●伊藤3イニング+昌2イニング+朝倉2イニング
●山井5イニング+小笠原2イニング(中4日)以上2日で1勝。→勝ち抜け

基本7回をどうしのぐか、(勝負どころで河原、アキフミ、コバマサ)あとは8回浅尾、9回岩瀬という感じだったと思う。巨人戦5日目朝倉のところは故障があったらしくネルソン、パヤノでもいい。森コーチが言っていた「中継ぎだけで回すこともある」といっていたのがこの日ではなかろうか。
小笠原を5イニング以上引っ張らないのは中4日で最終戦に体力を残すため。ペナント後半戦、山井にロングリリーフ的な中継ぎをやらせていたのも短い登板間隔に慣れるためだったのではないか。頭数としては「小笠原・山井ペアで先発1人分」。

CSを睨んだペナントの最後のほうの戦いで、川井がまったく巨人戦に通用しないことが判明。代わりに伊藤が通用することがわかった。もちろん、長いイニング投げられるとまでは楽観視していなかっただろうが、秘密兵器的な使い方を想定していたとしてもなんら不思議はない。


以上、勝利のシナリオを想像した。以下はその誤算について。

CS第1ステージ初戦、チェンで落とす。今季ヤクルト戦にほとんど投げておらず(チェンにアドバンテージね)、直前のちら見せ登板で完璧な姿を見せていた分大誤算。それにより、中田をヤクルト第3戦にもってこなければならなくなった。第1ステージでのてこずりは打線には良いが、こと投手のローテに関しては巨人に対し間違いなく不利になる。巨人戦3戦目が空席になり中4日になるが前倒しにせざるを得なくなった。あのデントナのホームラン1発が巨人戦を厳しいものにしたのだ。

CSというのは上位チームに有利につくられている。これは至極当然のことで1勝のアドバンテージはもとより、引き分けは上位チームにとっては勝ちと同義だ。日程もつめつめで下位チームが勝ちあがるには、先発投手の枚数が必要になる。もしくは打撃戦に持ち込み打ち勝っていくしかない。

実力が拮抗していても、同じ面子であっても、こうした事情により圧倒的な差で明暗が別れるのだ。短期決戦では打撃は調子のいいものから打順変更も含めどんどん使うべきだが、投手は与えられた持ち場での仕事をきちんとこなさないとプランが大きく崩れるということだ。



FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。